詳しく学んで正しく使う、初心者クレジットカード

Feed Rss

クレジットカードを扱うほとんどの会社が、ウェブサイトからも打ち込みを行う方法を選択できます。もちろん申込用紙に記入して郵送による申し込みもできますが、早いという面でもウェブサイトからの申し込みに軍配があがります。


<ウェブサイトから申し込む方法>

お目当てのクレジットカードができたら、そのクレジット会社のウェブサイトを訪問しましょう。そこにその会社が扱っているクレジットカードの申し込みフォームがあります。それで入力を行い、送信すれば申し込みは完了です。その入力内容で審査が行われ、審査に通過すればクレジットカードが発行されます。審査通過後、手元に郵送されるまでに1週間から2週間程度を要することとなります。


<申し込みに問われる内容>

申込で入力すべき内容は、会社ごとに若干の違いはありますが、住所、氏名、年齢、生年月日、勤務先、勤続年数、年収、電話番号などは必ず必要とされる項目です。免許証や保険証をアプリを使って送付することを求められるときもあります。これらの情報を元に信用情報機関で申込者の個人情報を照会し、問題がなければ審査が通過します。債務超過や債務事故がなく、一定の収入が継続的にあるのであれば、審査に通る可能性は高いと考えられます。

今や年会費無料のクレジットカードは当たり前の時代です。パスカードやETCの機能を併せ持つなどその種類は多種多様になりました。ライフスタイルに合わせて、上手にクレジットカードを使いこなしましょう。


複数の機能を併せ持つクレジットカード

毎日の通勤通学で使うパスカードとお買い物の際のクレジットカードが一枚になってパスカードへのオートチャージもOK、,駅近くのお店でのお買い物の際にはポイント還元率が数倍にというカードがたくさんあります。また、車での移動が多い方にはETCカード一体の物も。クレジットカード機能があれば、そのカードでガソリンやドライブインでのお買い物なども可能になってとても便利です。生活パターンにぴったり合うカードを選びましょう。


意外に知らないコンセルジュサービスや補償サービス

仕事やレジャーで空港を利用する機会が多い方なら無料で空港ラウンジが利用できるプライオリティ・パスや旅行時の傷害保険などのサービスも比較検討してみましょう。大抵の場合年会費が必要となりますが、ゴールドやプラチナカードの会員は、世界中どこにいても対応してもらえるコンセルジュサービスが受けられます。また、そのクレジットカードで買った商品に対しては、破損、盗難などを補償するショッピング保険がかけられています。

クレジットカードを利用できるのは、海外でも同じというのはご存じかと思います。日本ではビサ、マスターカード、ジェーシービーの3社がありますね。この会社は国際ブランドと呼ばれているもので、日本ではどこのブランドでも、クレジットカードが利用できると考える人が多いでしょう。


海外ではクレジットカードのブランドが限定されることも

どこの国際ブランドでも対応しているものだ、と考えて海外に行くと、そうでもないそうです。一部の地域ではマスターカードだけ、ここではビサだけ、などと限定した国際ブランドだけを使える地域が、場所ごとに違うと言われています。そこでもしも海外へ行く、クレジットカードで決済を考えるのであれば、できる限り、複数の国際ブランドクレジットカードを所有するほうがいいそうです。


エンボスレスが使えない地域も多い

エンボスレスとは、スイカやパスモのように、デコボコの加工がされていないものです。日本では、このような加工がなくてもカードを処理できるので、現在はカード番号をプリントしているだけのものも増えています。しかし海外ではこのエンボス加工を利用して伝票を作るところもたくさんあります。国内では問題ありませんが、海外に行くときは加工の面も注意しましょう。

クレジットカードを発行しようか考えている方や、持っているけれどまた一度も使ったことが無いという方もいますよね。
最近では、銀行で新規の口座やカードを作る際にクレジットが一緒になっているカードが多いですよね。
今ではあの有名なTSUTAYAのポイントカードにもクレジットカードの機能がついています。
クレジットがだいぶ普及してきている中で、気になるのがカードを使っても怖くないの?という部分ですよね。
クレジットで支払ってちゃんと返済できるかな・・・と不安な方もいますよね。
ですが、クレジットカードを正しく使っていればそのような怖い思いをするものではありません。


クレジットカードはとても便利!

初心者の方はカードを使う事に対して怖い気持ちがあるかもしれませんが、ご自分が無理なく返済出来る範囲内であれば全然大丈夫です。
ご自分がどの程度までなら無理なく返済が出来るのか、それを前もってよく理解しておくことが大事です。
何も知らずに高額なものを買ってしまった時などが一番怖いのだと思います。
あとは返済の仕方によって利子なども変わってくるので、その点に注意をしていただければと!
やはり一番は計画的に、そして無理なく慎重に余裕をもって利用した方が良いですね。
きちんとルールを把握していれば、クレジットカードは怖いものではありません。

クレジットカード選びに迷ったら…クレジットカードの攻略ガイド(http://www.confibienesraices.com/)

クレジットカードを持っている方の中で意外に多いのが引き落としに関するトラブルです。軽く感がる方が多い引き落としトラブルですが、実はクレジットカードの審査などではマイナスのデータになります。新規のクレジット契約を検討している方は普段から利用履歴を意識しましょう。


クレジットカードと引き落としトラブル

クレジットカードの機能にはキャッシング機能がついている事が多く、そのような場合は返済能力の高さも大きな審査項目になってきます。クレジットカードの利用履歴は、返済能力に繋がる情報でもあります。優良な利用履歴の実績は高く評価されるのです。反対に引き落としエラーなどの情報は評価を下げる要素になります。


「うっかり」を防ぐ保険的機能

このような事から、普段から利用履歴を意識したいという方が増えました。そのようなニーズの中で人気を集めているのが自動キャシングです。自動キャッシングとは銀行口座の残高が引き落とし額に満たない場合のみ事前に自動キャッシングを行い、不足分の補充を行うというものです。引き落しトラブルは気をつけていても「うっかり」引き起こしてしまう事があります。その「うっかり」を防ぐ保険的な機能として利用価値が高いサービスです。

クレジットカードは日常的にしょっちゅう何でもかんでもクレジット払いにしてしまうと使い過ぎてしまうかもしれませんが、普段は使わないで本当に困った時の「いざという時の備え」としておいておく分には非常に頼りになります。


クレジットカードでピンチをしのぐ

クレジットカードで助けられたことは過去にいくらでもあります。例えば酔った勢いでどこかでお財布を落としてしまった時にカードケースに入っていたクレジットカードでタクシーに乗った無事に帰ることが出来たり、どうしても現金でないと支払いができないという時にも友達と飲みに行って会計をまとめて自分がカードで支払い、皆から現金をもらうことでしのいだり、クレジットカードには本当に助けられました。


万が一の時に役立つ

このようにウッカリしてしまった時や予想外の出来事が起きた時に非常に役立つのがクレジットカードなのです。備えというのは通常時には何も意味がないように見えるかもしれませんが、しかし本気で困る時なんて誰も予想できないものですから、念には念を入れてお財布の中に「もしもの時の」カードを一枚入れておくことをオススメします。カードの発行には時間がかかってしまうので、困ってからでは遅いのです。

クレジットカードの種類などが多くなってきています。カード会員限定のセールや、提携企業の優待を利用できるなど、クレジットカードによってそのメリットも異なっているため、カードを利用するときはその特性をよく比較することが大切です。この中でつい忘れてしまいそうになるのが、取得したポイントの有効期限です。


ポイントには有効期限が設定されることも

永久不滅ポイントとして、毎年繰り越せるクレジットカードもありますが、中には利用期限が定められているものもあります。また取得するポイントによって有効期限が違うケースもごくまれにあるそうです。自分の取得したポイントの有効期限をちゃんと知っておきましょう。また今は交換できるサービスも多く、電子マネーや通信販売サイトのポイントとして買い物ができる場合もあります。この場合は換金率が高いものを選んで得をする、よく使うものに引き換えて利便性を高めるなど、その都度選ぶことができますので、比較を忘れないようにしましょう。


優待を使えば人気のスポットも楽しめる

人気の高いスポットを運営している企業が、クレジットカードの公式スポンサーとなっている場合は優先的にその施設を利用することが可能な場合があります。これは百貨店などでも違い、百貨店が運営している劇場などがあれば、観劇チケットなども優先チケットが発行されることもあります。また人気の高いアミューズメントパークでは、カード会員限定のショーなどを抽選で行っている場合もあります。

クレジットカードは大変便利で、もはやほとんどの人が持っています。しかし手元のお財布からから貨幣や紙幣を支払わないので買い物をした実感を抱けなくて、ちょっとこわいですよね。なんだかちょっとカードを通しただけ貰ったみたいな気分になってしまいませんか?けれど来月、再来月に必ず引き落としがありますので計画的に使いましょう。


クレジットカードの明細をチェック

持っているクレジットカードの締め日、引落し日は必ず把握しましょう。また、明細は必ず確認するようにしましょう。葉書を開きもせずに捨ててしまっていたりしませんか?その中にちょっと忘れてた大きなお買い物の明細が入っているかもしれません。明細は引落し日より必ず余裕を持って届きます。もし次の引き落としが大きそうだったら口座の残高を確認して、引き落とせないと言う事が無いようにしましょう。


サインをしておきましょう

クレジットカードは裏面に必ずサインをしましょう。本来は裏面にサインが無ければ使えないものです。多くのお店では確認されずお買い物が出来てしまいますが、受け取って貰えない事もあります。本人確認のためのものですので、落とした時などに大事になってきます。必ずサインをしましょう。また、自分できちんと保管しましょう。

クレジットカードのキャッシング機能とカードローンのキャッシングの違いとは一体何なのでしょうか。一見似ている様で実は違う両者のキャッシング。これからどちらかを利用したいと思っている方に、その明確な違いをご説明いたしましょう。


クレジットカードとカードローンの使用用途の違い

まずクレジットカードのキャッシング機能は、ショッピング枠で足りなかった分を補うためのものです。それに対して、カードローンのキャッシングはお金を借りる事が大きな目的です。まず使用用途にそういった違いがあるということを覚えておきましょう。


使える額にも違いがある

さらに具体的な違いを挙げると、クレジットカードの方はキャッシング機能で使える額は決してそこまで高くありませんし、限度額もカードローンに比べると上がりづらい傾向にあります。しかしながらカードローンの方はというと、一度完済してしまえば限度額も比較的すぐに上げることが可能です。クレジットカードはあくまでショッピング枠の方がメインであり、仮にキャッシングをしても短期間での返済が可能な限度額となっていることがほとんどです。カードローンは長期での返済を視野に入れた借り入れなので、クレカよりも利率が低いことが多いのです。

クレジットカードがあると毎日のちょっとした場面でお得なことが増えます。劇的に世界が変わるとか大げさなことは言えませんが、ちょっとの積み重ねがある日の「おっ♪」に繋がることだけは確かです。そんなちょっとしたお得感を積み重ねていくのにベストなクレジットカードの選び方をご紹介します。


・クレジットカードの中の優等生たちは

クレジットカードに求めるべきこと第一位はポイント還元率もそうですが、何よりもやはり「万能性」が大事です。とは言っても人によってその万能性も変わってきてしまうので、あなたのお家の中でビニール袋を貯めておく習慣がある人は是非そのビニール袋を見てみてください。最近ではビニール袋を使うとお金がかかるスーパーも増えたので、その辺はご自身で加味していただき、ご自身が一番お買い物するのはどこかを考えてみてください。


・ビニールの大きさがヒントに?

ここでもう1個注目していただきたいのが、あるお店でもらう袋だけ妙に大きいということはありませんか?一概に決めつけることはできませんが、そういったお店ではそれだけたくさんのものを買っている可能性が高いと言えます。回数も大事ですが1回の買い物で大きな金額を使う可能性が高いところでクレジットカードを作るというのも大切です。